Category Archives: 本の紹介

「夢をカタチにするチカラ」終了しました

7月19日。上坂監督に会津でお会いして、私達の夏が終わった。。。
2015年夏のイベント「夢をカタチにするチカラ」が終了しました。
暑い中 ご来場いただいた皆様に、厚く御礼申し上げます。

講堂外観

講堂入口ポスター

映写室内

2010年に「HAYABUSA BACK TO THE EARTH」を見てからというもの、「はやぶさ」に熱を上げ、
「はやぶさ2」を応援してきました。
「HBTTE」を愛してやまない人と知り合い、友達の友達とつながり、私が「HAYABUSA」知るより前から応援している人が加わり、映像の素晴らしさに「惚れた」人が仲間になり、、、。
そんな私達にとって、作品はバイブル。上坂監督といえば私達の創造主?!
会場が、初の上映会と同じ会津大講堂に決まり、イベントは8回目になるというのに個人レベルで緊張もするし、仕事が忙しい人も多く、準備は正直大変でした。

ブルーレイのソフトをフルハイビジョンで上映するためメンバーが機材から持ち込みました。
あちこちで観てきた方から「今まで見た中で一番」とのお言葉をいただきました。
プラネタリウムのドームで数回と、DVDを自宅でも観ているのに、涙が出ました。。。
順調ではない流れにも、上映後にお客様が拍手をくださいました。作品の力に、救われました。

あちらを見てみて・・

ロケットバルーン

メンバーが増えたからこそ出来る本格的な工作教室「天体望遠鏡を作ろう」と「ロケットバルーン」、
親子さんたちは真剣に作業されていました。
”利き目”や天体を見る時のコツなども伝え、ただ作るだけではなく今後実際に使うことまで考えた説明を
行いました。

展示
笹
32分の1模型

会津大学の「はやぶさ2」支援のパネルも展示させていただきましたが、私たちが活動する中で会津大が
気持ちの面での支えであり、また実際に先生方が有形無形のお力添えをくださっているので、改めて
「会津大は宇宙の窓」をこれからも沢山アピールしたいと思いました。
2011年から「はやぶさ」を通して知り合ったS様の笹は飾りと願いごとをつけて、「伝統的七夕ライトダウン」の展示にも華を添えてくれました。
32分の1の「はやぶさ2」模型も、その精巧さで、存在感のある輝きを放っていました。

上坂監督の講演は「HAYABUSA2」制作を振り返り、「想い」と「行動」について。
現在上映されている作品が完成する前に、内容を大きく変更した時があった。
お蔵入りとなった「雪の臼田さん」のシーンは、今の「HAYABUSA2」のどこかに入れられないものだろうか?!と思うほど、綺麗で悲しい完成形の画でした。
使える状態に作り上げたものを捨てるなんて、どれだけお辛かったことでしょうか。。。

はやぶさプロジェクト関係者の「はやぶさ」に対する想い、監督の「作品を完成させる」という強い想い、「はやぶさ」「はやぶさ2」を応援する全国の人々の想い。
2013年新型のイプシロンロケットが打上げ前にストップし数日の延期ののち無事打ち上がったこと。
眠れない夜を、全国からのメッセージが乗り越えさせてくれたという話。
記者会見での森田プロジェクトマネージャの様子をおっしゃいながら、監督も言葉に詰まった瞬間がありました。
上坂監督も今回の作品完成まで悩んだ時期に「応援するしかできんばってん」と一言をもらい、正気にかえった、勇気をもらったという話をしてくれました。

それにしても「想い」を積み重ねた作品をと考えられた監督の地元に糸川博士の親戚の方がいらっしゃったなど、「もってる」のは偶然なのか?
もしかしたら、監督が「はやぶさ」と関わることも必然であり運命だったのかと考えてしまいました。
自然の中の あらゆるもののなかに螺旋があるというけれど・・・運命の輪もあるかもしれません!
(らせん・・・会津若松には「さざえ堂」もありますね☆)
講演・春日部の薬局

対象が出来たら、「想う」ことは誰でもできる・・・。でも行動することはなかなかできない。
そこを、「作る!」と想いを固めて実行する上坂監督は本当にかっこいい!
そんな作品「HAYABUSA」に出会えて、監督と繋がることが出来て、私達は本当に幸運です。
ポスターデータからご提供した「夢をカタチにするチカラ」の文字が映し出されたときの感動たるや。
・・・私達も夢が叶ったのだ・・・。
そして、世界で初めて、監督の次の夢をお聞きしました。きっと叶うように願っています!!!

夢をカタチにするチカラ

前作と本作どちらも沢山の様々な苦労、困難があったそうです。知りたい方は是非
『HAYABUSA -2つのミッションを追って』を是非お読みください!!!
(ハッキリ言って宣伝です!この売り上げが次の作品作りにつながるのですから!)

次は寺薗先生がご登壇「はやぶさ2」と福島県、これからの宇宙関係の話題をご紹介くださいました。
「はやぶさ」「はやぶさ2」には全国から、福島県内でもいくつもの学校・企業が関わり、日本の力が詰まっている。
知らない人にもっと伝えたい・・・と思いながら聞いていました。
月探査への動き、日本惑星協会が再始動等いろいろな展望も紹介くださり、また胸が膨らみました。

「はやぶさ」日本の力

監督と寺薗先生

質疑応答・対談は和やかでリラックスしたムード。
困難にあったときどうするか?
上坂監督「立ち向かう。逃げない」
寺薗先生「寝ちゃいます」 ・・・なども。
奥行きがあって、がんばろうと思えて、、、。実際、イベント後も疲れは全く感じませんでした。
心はフワフワ、現実にはなかなか戻れませんでしたけど。

お客さんと話される監督

サイン会

講演と質疑応答のあとは書籍販売&サイン会。
今回は遠方から来てくださった方が多く、twitterやFacebookのチカラも感じました。
星ナビに掲載いただいた情報を見てくださった方もあり、種を蒔いてよかったと心から思いました。
2012年の日食観察会の際に来てくださった地元の方と再会したのも嬉しかったです!

☆ ============== ☆ =============

ご講演いただきました上坂監督。会津までお越しくださり誠にありがとうございました。
寺薗先生、常日頃から相談に乗ってくださり感謝しております。今回もありがとうございました。
みえ様、諸々ご面倒をおかけしてすみません。くださった大きなお心を忘れません!

今回のイベントに際し、ご協賛くださった企業および個人の皆様、誠にありがとうございました。
株式会社リオン・ドールコーポレーション様、みとみ学園様、喜多方「星好き会」様、株式会社太郎庵様

会津大の平田成先生、パネルをお貸しくださりありがとうございました。
星の村天文台の大野台長、はやぶさ帰還パラシュート同素材の布をありがとうございました!!
誠文堂新光社の佐々木夏様、書籍販売では大変お世話になりました。
有限会社ライブの武様、日高様、上映会の申請や販売についてお手数をおかけいたしました。
日本宇宙フォーラムの松元様、32分の1模型の貸出ありがとうございました。
菅敬浩様、立派な笹を運搬から撤収までお世話になり、ありがとうございました!
お手伝いくださった助っ人のN尻さん、O越さん。いつも観望会等でも力を貸してくださるH金さん。
また一緒にやりましょう☆ありがとうございました。
福島カラー印刷様、情報誌への掲載とHPでイベント紹介を行ってくださり心より感謝申し上げます。
菅野由美様、素敵なポスター&チラシを作って下さり、感謝の一言しかありません。
皆様、本当にありがとうございました。

準備に沢山の時間を費やしたメンバーたち、お疲れ様でした。
今年度代表のH田さん、広報やポスター原稿の手配、沢山相談のってくださりありがとう。
会発足時からのO塚さん、HP更新や少ないお金のやりくり、イベント後もすみません。
二本松のM松さん、隕石やはやぶさ2パラシュート布、工作キットの手配、印刷。沢山ありがとう。
S井さん、新聞社への宣伝や、学校へのチラシ配布など沢山まわってくれました
M川さん、高価な上映機材を持参、いつもながら素晴らしい映像。二次会でもお世話になりました
M藤さん、望遠鏡展示や工作教室について沢山のご提案、よかったです
N田さん、マダニから復活、当日来られてよかったです。色々動いてもらって助かりました
M屋さん、まだ小さいみーちゃんを連れての参加、チケット印刷に二次会手配も!
Y田さん、記録写真どうもです。千葉からお疲れ様でした。
子供会員の雄人くん、菜海さん。小さいけれど頼もしいメンバー。がんばりましたね!
Uさん! 入・通院をされていながら協賛をとってくれた88232折鶴プロジェクトのマネージャ!
お元気になられたら、このまえ聞かせてくれた妄想を一つずつ形にしましょうね。
行きたかったとメールをくれたN島さん。宝物が大きくなったら連れて来てね!

今回のイベントは、一番緊張しました。
敬愛する上坂監督と、会津大で・・・これを夢と言わずして何というのか!!!
準備でおろおろ・・当日カミカミ、終わってからも夢の中のようで、心がふわふわしていました。
山のように色々反省はしても、後悔はしない!
監督に来ていただいて嬉しかったし、やって良かった。これは絶対、確かなことです。
一人じゃないから、なんとか出来ました。皆が揃って一つの夢が叶えられました。
やりたいなら言葉にしよう。伝えよう。つながろう。夢は思うだけじゃなくカタチにしよう!
「一人で出来ない夢は 仲間と叶える。」 仲間の言葉を心のノートにメモしました。

高くはなくても、一つの塔を建てたら、きっと次の水平線が見えてくる。
さあ、皆で一緒に次の夢を見に行こう・・・!
「はやぶさ」「はやぶさ2」が好きという想いがある限り・・・。

 知元陽子


『月の満ち欠けのひみつ』

ひげじぃ木村こと 木村直人さんの監修されたご本です。
『月の満ち欠けのひみつ』
絵・文 関口シュン 監修 木村直人 子どもの未来社

絵本に登場する子ども達は、ちょっとしたきっかけから、ひと月かけての
月の観察スケッチに挑戦しますが、はてさて、どうなるでしょうか!?

細くなったり丸くなったり、夕方に山の上に昇ったり、昼間の空に見えたり。
一番身近な天体、そして、とても不思議な天体、お月さま。

天体に「さま」をつけて呼ぶなんて、よく考えたら面白いですよね。
そんな月について、もっと仲良くなってみたいと感じさせてくれる
素敵な科学絵本です!

 今夜の月はどんな形かな? 満月はいつかな☆