Category Archives: その他

投票してくださいね! SAKURAとYAMATO

これは初の試みです。
「惑星に名前をつける」
天体の発見者の名前がついたり命名の権利が与えられることはあっても、発見者でもない一般の人が名前を提案できるのは、今回のキャンペーンが初!
一般の人も参加可能な投票期限は、日本時間の11月1日8時59分!

exoplanet-name-vote
系外惑星命名 投票宣伝のチラシ
画像提供 日本天文協議会IAU太陽系外惑星系命名支援グル―プ http://exoplanet.jp/

太陽系とは、恒星である太陽と、周りを回る私達の住む星・地球などの惑星を合わせた呼び方ですが、
太陽系と同じように、主星とその周囲を回る惑星が、観測技術の進歩により1995年から発見され
はじめ、現在までに千数百個も見つかっているそうです。
沢山の惑星系の中から20の惑星系を選定し名付ける、系外惑星命名キャンペーンが
国際天文学連合(IAU)により開始されています!

投票はこちらから!
■ 系外惑星命名IAU公式サイト
http://nameexoworlds.iau.org/

<参考>
■ 日本語紹介サイト<惑星系に名前を!>
http://exoplanet.jp/

■命名対象となる20の太陽系外惑星系<惑星系に名前を!>
http://exoplanet.jp/list20.html

投票の仕方が日本語で説明されています。
■ 系外惑星名称投票早わかり<惑星系に名前を!>
http://exoplanet.jp/proposal/vote/voting.html

■ 朝日新聞DIGITAL <みんなで選ぶ星の名前 国際機関が企画、日本からも候補>
http://www.asahi.com/articles/ASH976S2YH97ULBJ01H.html

 日本ゆかりの名前の候補の例として、YAMABUKI、KOHAKU、WASABI、MIKAN、SAKURA、KONJIKIなどが提案されていると書かれています。
実はSAKURAは私達の提案した名前で、マンガ『宇宙兄弟』の作者である小山宙哉さんも注目する命名候補の一つと注目くださっています!

※注意
1.誰でも個人で投票できます。ただし、NameExoWorlds.orgにて事前登録する必要があります。
2.登録した個人は、既に提案されている20から30の惑星系の名前に投票できます。
 名前候補は、惑星系(主星+惑星)で1セットとなっています。
 提案者が書いた名前候補の説明をよく読んだ上で投票して下さい。
3.複数の惑星系に投票できますが、1つの惑星系について投票できるのは、1票だけです。

今年になって、地球の「いとこ」のような、よく似た環境の惑星も発見されました。
NASAのケプラー望遠鏡により発見された天体は、太陽より少し年上の60億歳の恒星の周りを385日周期で公転、主星からの距離もほどよいため表面に水が液体の状態で存在できるのでは、また、岩石質であると推測されており生命が存在できる太陽系外惑星の条件に最も近いそうです。
地球外生命はいるのだろうかという議論もありますが、まずは地球のような天体があれば可能性は高いような気がしますよね。
もしかしたら、これら系外惑星のなかにも地球と似ている天体があるのでは?
そこにも沢山の生き物がいて、恋したり命を育んでいるかもしれません。

■ナショナルジオグラフィック
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/072400197/

投票はものの数秒で可能です。気になった名前に是非投票を!
投票した名前が実際に惑星系の名前に決まったら楽しいですよね。
秋の夜長にワクワクをどうぞ。。。

(C)


東邦銀行の財団広報誌『かがやく』に掲載

2013年11月開催のイベント「宇宙に夢中!~日本の宇宙開発とその未来」が助成を受けた、
公益財団法人 東邦銀行 教育・文化財団様の広報誌に、当該イベントおよび会津そらの会の
紹介が掲載されました。

かがやく掲載

東邦銀行教育・文化財団では、文化とスポーツの振興を図る目的で、地域に密着した活動
をする団体支援に、上期・下期に各部門それぞれ10団体ほどへ助成されています。
平成5年の設立以来、助成事業を行っているそうで、2013年下期に当会イベントを選定
してくださいました。
『かがやく』という広報誌は、東邦銀行の各店舗でラックに入れられたり店内椅子の
脇にあったりして、どなたでも見て持ち帰っていただけるものです。
表紙の言葉が素敵・・「福島県に輝く人と未来と文化スポーツのために」。
「かがやくFLASH!!」は助成団体の活動を紹介するコーナーで、1団体1ページ、しかも
カラー写真入りの贅沢な誌面です。

「プラネタリウムや科学館が無い会津地域で未来を担う子どもたちに、小惑星探査機
「はやぶさ」を通して大きな夢を与えたい、会津大学はもとより福島県内の企業が
「はやぶさ」を支援していることを知ってもらいたい―と企画された宇宙フェアです」
と、イベントの趣旨から案内。

会津大学のパネルや工作教室風景の写真が載っているので、当日の様子が伝わり、次回
足を運んでくださる方も増えるでしょう。
エントランスホールの段ボール製実物大模型「はやぶさ2」の写真を見て、こういった
ものが本当に飛んでいくんだなあ・・と、実感してもらえたら良いなと思います。

「『”はやぶさ2”が2020年に帰還するころ皆さんは大学生や社会人になっていると思い
ますが、私達と一緒に研究してみませんか』と呼びかけると」
(呼びかけられたのは会員ではなく吉川先生でしたが、、)
「宇宙は遠いところにあるのではない、自分たちが宇宙の一部なのだという大きな心で
感じ、知ってもらい、子どもたちが前を見て、未来を考える際の力になれたら」

そうです。今まさに、現在進行形のプロジェクトなんです。
今研究している方々の後を継ぐのは子供達です!
ワクワクする好奇心から、将来の夢を広げてくれたらいい。
何でも、やってみたい、やってみようという気持ちになってくれたらと心から思います。
実際「はやぶさ」「はやぶさ2」が凄いので、「かっこいいー!」「やる!!」と
なってくれたら、本当は一番うれしいですけどね。

公益財団法人 東邦銀行 教育・文化財団様には、イベントに際し助成くださり、また広く
活動報告をさせていただくこのような機会を与えてくださいましたこと、本当にありがたく
深く感謝申し上げます。
当会活動へのご理解に感謝し、今回の活動を糧に更に精進してまいります。
財団の今後のご発展と助成事業の隆盛をお祈りするとともに、今後ともご支援のほど、
どうぞよろしくお願いいたします。

☆このブログを目にされた皆様には、是非、東邦銀行様へ足をお運びいただいて、
広報誌「かがやく」をご覧ください。
編集後記に「お月見に供えたすすきを月見の後に軒につるしておくと1年間病気をしない
そうです」とありました。ご存知でしたか?・・知るは楽しい。沢山知りたい!(c)


㈲ライブ、上坂監督近況!受賞のお知らせ☆

私達が大好きな「はやぶさ」の作品・・「HAYABUSA BACK TO THE EARTH」を
製作された、有限会社ライブおよび上坂浩光監督のニュースです。

『MUSICA ‐宇宙はなぜ美しい?‐』山梨県立科学館オープニング特別投影ポスター寄せ書き  画像 有限会社ライブ

『MUSICA ‐宇宙はなぜ美しい?‐』  山梨県立科学館特別投影ポスター寄せ書き  画像 有限会社ライブ


==========
ひとつ目!
◆日本視聴覚教育協会主催・教育映像祭にて、
平成26年度優秀映像教材、中学校理科部門の
優秀作品賞に選奨入賞!
『Eternal Return 
 ‐いのちを継ぐもの‐ 』

ふたつ目!
公益社団法人映像文化製作者連盟の主催する
映文連アワード2014にて、
上坂監督の作品および監督ご本人が、トリプル受賞!
 
◆最優秀作品賞(グランプリ)
『すばる望遠鏡 Hyper Suprime-Cam 
 世界最大の補正光学系開発』 13分
 製作:(株)イメージサイエンス
 クライアント:キヤノン(株)
 
◆ソーシャル・コミュニケーション部門 優秀賞
『MUSICA~宇宙はなぜ美しい?』
 製作:(有)ライブ、山梨県立科学館
 ※MUSICAはムジカと読みます

◆優秀クリエイター賞
上坂浩光((㈲ライブ)
(「すばる望遠鏡 Hyper Suprime-Cam」、「MUSICA」演出)

==========

日本視聴覚教育協会 優秀映像教材選奨は、日本で実施されている映像コンクールの中で、
もっぱら学校教育・社会教育・産業教育の「教材」としての視点から選奨が行われている
唯一のもの、とあります。
中学生に是非見てもらいたい科学・宇宙・いのちの作品にお墨付きということでしょう!
 ■日本視聴覚教育協会
  http://javea.or.jp/festival/index.html

映文連アワードは、経験豊かなプロデューサー・ディレクターによる1次審査、映画監督や広告関係者、
映像評論家の方々による2次審査を通し、プロが選ぶプロの仕事にふさわしい作品の発掘・顕彰です。
当ブログを以前からお読みいただいている方には、この表彰に見覚えがあるかもしれません。
私達が7月に上映した『Eternal Return ~いのちを継ぐもの』は、昨年の映文連アワード2013で
グランプリ・文部科学大臣賞を受賞しています。
今年は『MUSICA』で優秀賞!ということで、ライブさんは違う作品で2年連続受賞です!!
さらにさらに、2010年の最優秀作品賞(グランプリ)が、・・忘れてはならない・・
『HAYABUSA BACK TO THE EARTH』だったのです!!!

 こんなことって?あってもいいの~~?!ってぐらい素晴らしい歴史が刻まれていますね。
 なんだか、凄いことになっています。。。
 いつも上映会の前に、開催概要とともに上映作品の説明を持ちあちこちに伺っているのですが、
 またまた中身を更新しなくては。いよいよ1枚に収まらなくなりそうだー!!!

『MUSICA』は2013年第4回国際科学映像祭・ドームフェスタin Hitachiの人気投票で第1位も
取っており、これで、一般の方々からの人気もプロの方々からの評価もある作品となりました。
■第4回国際科学映像祭 ‐魅せる科学‐
 http://image.sci-fest.net/ja/dome-result.html

ちなみに英語版が海外で招待上映されたこともあります。
■ IMERSA Summit2014
 http://www.imersa.org/summit 
 
今年4月、マカオ国際フルドームフェスティバルの上映作品としても選ばれています。
■ IPS-MIFF2014
 http://www.msc.org.mo/fulldomefestival/showsSchedule.php

 うーん、、、ごちゃごちゃするほど沢山の情報です(^_^;)

☆作品案内☆
■『MUSICA ~宇宙はなぜ美しい?』
 http://www.live-net.co.jp/musica/
 トレイラー(英語版)
 https://www.youtube.com/watch?v=7H0S0CsNW6Q

「心を動かす大きな力。それは自然や宇宙に隠された、耳には聴こえない壮大な音楽。」
 どうして私の心は震えるの・・・ 人はなぜ、美しいと感じるの?・・
宇宙の中を、太陽も地球も螺旋を描いて進んでいる。螺旋は自然のなか至る所に存在する。
言葉では表せない、不思議な真理。
音楽と映像が見事なハーモニーを奏でる、とても素敵な作品なのです。
今後、皆さんに見ていただける機会を作れたらいいなと、上坂ワールドの螺旋に
絡まってしまった私達のようです。。。

このブログをご覧のあなた、是非コメントをお寄せください。
一緒に上映会やりませんか??感想を語り合いませんか?
当会にご興味のある方は、お気軽にご連絡くださいね!

※当初ブログアップ時よりHBTTE受賞の部分を追記しました。


梅雨の季節に思うこと

6月というと・・・梅雨のことを思い浮かべる方もきっと多いと思います。

普段の生活でももちろんその影響はありますが、星が好きな私達にとっては、スッキリ
とした星空がなかなか見られない梅雨の時期は、毎年憂鬱な季節です。
ですが、もし仮に日本に梅雨の時期がなかったとしたらいったいどうなるでしょう??

6月には夏至を迎えるので当然ながら昼の時間が長いことや、太陽が高い位置から照らす
ため、早い時期から暑い夏に突入して7月や8月、場合によっては9月も今よりもずっと
気温の高い夏になってしまうことでしょう。

梅雨の時期の雨の量を考えれば深刻な水不足、40度以上の最高気温や朝晩もあまり
気温が下がらない等(他にもまだあるかもしれません)・・・今の日本の夏からすれば
とても厳しい暑さの大変な夏になってしまうことでしょう。

こんな風に考えてみると・・梅雨の雨の恵みは、植物や私たち人間にとっても、とても
大事なことがきっとわかってもらえるかなと思います。

また、梅雨の長雨は上空の小さなチリなども洗い流してくれる効果も大きいので、
梅雨の晴れ間にたまに星が見えたりするときには、普段よりもずっと星が美しく輝いている
様子を眼にすることがあったりします。

他にも「なかなか星が見られないからこそ、見れたときにはとても嬉しい気持ちを感じられる」
といったこともあります。
「梅雨明けになったらどこか星のきれいなところに出かけて一晩中星を見たいな」
というような計画も良いですね!

そうしたことも思い浮かべながら今年の梅雨を乗り切りましょう!!
そして梅雨の晴れ間の星空は見逃さないように!!

 
そうそう、梅雨時に咲く花は紫陽花が有名ですが、会津若松の市花の立葵(タチアオイ)も
この季節を彩る花です。
背筋をすっと伸ばしてキリっと花開いている様子に、八重さんの雰囲気を感じます。

「天に星 地に花 人に愛」という言葉もありますし☆ なんでも楽しむが勝ちですね!


広がれ、「NAOKO☆アサガオ」の輪!

山崎直子宇宙飛行士とともに宇宙を旅した朝顔…
それが「NAOKO☆アサガオ」

20120722
                      ※この画像は昨年のものです。

星の村天文台の大野裕明台長に種をいただき、昨年、栽培にチャレンジしました。
こんなに緊張して生き物に向き合ったのは初めてかも…。
肥料や水やりなど、毎日手をかけて、たまには「かわいいね」なんて声もかけて。
お花には数種類の色があるようで、うちの子は水色でした!
大事に大事に育てたら、綺麗な花が夏のあいだ次々に咲き、秋には沢山の種が採れました。

その、直子さんから数えて孫の種を、会津地域の全小学校へ配布する手配をしました!
会津若松市内へ会津若松市教育委員会を通じて、また会津域内と南会津域内の小学校へは
福島県教育庁の各教育事務所に依頼し、各小学校へ数粒ずつお送りいたしました。
教育委員会、教育事務所様におかれましては、快くご了解いただきありがとうございました。
関係者の皆様にはお手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

「いのち」「やさしさ」「きぼう」の気持ちが、子供たちに育ちますように。
朝顔の花がまあるく開くように、宇宙の輪が広がりますように。。。

まだ種はありますので、育ててみたい方がいらっしゃれば、是非ご連絡くださいね☆

大野台長からいただいた認定証です。このようなものをそらの会でもお付けします。

asagao2

<参考になるサイト>
山崎宇宙飛行士からYAC本部長へ宇宙アサガオの種を返還  http://bit.ly/11fTqtd
発芽しないときは?など。宇宙アサガオについての問い合わせ先 http://bit.ly/18TJfrP


観望会の下見を行いました

桜もほぼ満開となったというのに、急に冷え込んだ4月19日、
今後の活動のための準備をおこないました。
 その活動とは? ・・・それは、天体観望会!!!

リオン・ドール様より許可いただいて、店舗出入口近くの駐車場に一角をお借りし、
星を見る会を行う際の下見をしました。
冬のような雲が広がり、夕方には雪がチラついて、困ったを通り過ぎて
笑ってしまうような天候でしたが、予定の時間近くになると、なんと
晴れてきたではありませんか!
実際に天体望遠鏡を設置して、一日分太った半月を観ることが出来ました。


                      画像提供 紫光星☆さん

滝沢店店長の柏原様、本部の木下様、寒い中立ち会ってくださいまして、
本当に ありがとうございました。
応援してくださる皆様方々のおかげで、私たちは新しい活動が出来ます。
子どもたちに夢を届けられますよう、開催にむけて準備してまいりますので、
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

そらの会の天体観望会は、株式会社リオン・ドールコーポレーション様の
ご協力により、今後不定期に開催する予定です。
日程など決まりましたら店内にポスターを掲示させていただきお知らせします。
なお、お問い合わせは、お店ではなく、会津そらの会へくださいますようお願いします。